クチコミ・コスパ良し!オルビスユーの化粧水で乾燥肌対策

まだまだ乾燥が気になる季節ですね。
乾燥を放っておくと、肌のゴワつきが加速して角質が厚くなったり、毛穴が開いてクロズミの元になったり…すっぴんにも自信はなくなりメイクのりも悪くなったり…

スキンケアでしっかり効果のあるものを探していても、お手頃価格のものから高価格のものまで幅広くあってなかなか何がいいか迷ってしまいます。

しっかり効果を実感できて、コスパも良いケアアイテム!これが理想ですよね。私も色々試した結果、オルビスユーにたどり着いたので、コスパ良し&効果ありアイテムをお探しの方の参考になればと思います。

【ケアラインの1週間トライアルセットもあります】オルビスユー 限定セット.jpg



オルビスユーのローション(化粧水)
2018年のベストコスメ大賞受賞、美容総合サイト@コスメ化粧水部門でも人気No.1のオルビスユーローション。



受賞オルビス.jpg

@コスメ化粧水部門も1位!

@コスメ1位.jpg
こちらがオルビスユーローション(化粧水)の全成分です。
化粧水成分:水、BG、グリセリン、ジグリセリン、プロパンジオール、PPG-24グリセレス-24、ヤグルマギク花エキス、モモ葉エキス、アマモエキス、シナノキエキス、PEG-75、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、PEG-400、(エイコサン二酸/テトラデカン二酸)ポリグリセリル-10、キサンタンガム、カルボマー、水酸化K、フェノキシエタノール、メチルパラベン
プロパンジオールとグリセリンが合わさると、保湿成分がぐーーーんと上がるので、化粧水だけでも肌の違いを感じる方が多いのも納得です。
界面活性剤不使用&オイルカット&ノンアルコール&無香料&無着色。

オルビスユーのローション(化粧水)のテクスチャー
手に取るとほんのり”とろみ感”があります。顔にのせていくと、とろみ感はなくなりぱしゃっとします。


オルビスユー 化粧水.jpg

このテクスチャーが苦手だというクチコミもちらほらありました。

私個人的には、好きなテクスチャーなので気になりませんでした。しっかりと肌の奥にまで入っていく実感がありました。使用後のベタつきについては、これも許容範囲内でしたが、テクスチャーが苦手な方や、肌がピリついたという方もいらっしゃたので、自分の肌と合うかどうか一度試してからの方がいいかなと思います。



より効果を上げる為に
化粧水のみの使用もいいですが、洗顔・保湿液までのライン使いがオススメです。



洗顔の成分表です。
洗顔成分:水、グリセリン、ミリスチン酸、パルミチン酸、ラウリン酸、水酸化K、ステアリン酸、マルチトール、デシルグルコシド、モロッコ溶岩クレイ、ヤグルマギク花エキス、モモ葉エキス、アマモエキス、ポリクオタニウム-7、ポリクオタニウム-39、BG、DPG、セルロースガム
化粧水の入りを良くするブースター効果のあるクレイ洗顔が特徴です。

また、肌の保湿にアプローチする【ヤグルマギク花エキス、モモ葉エキス、アマモエキス】も配合されているのも特徴です。実際洗っていくと、柔らかく弾力のある泡で、洗顔しながらも保湿エキスのおかげか”もちもち”していく感じがありました。

オルビスユー 洗顔.jpg

公式オンラインショップから通販限定トライアルセットを→オルビスユー


保湿液の全成分です。
保湿液成分:水、グリセリン、BG、ジグリセリン、PPG-24グリセレス-24、ヤグルマギク花エキス、モモ葉エキス、アマモエキス、カラスムギ穀粒エキス、PEG-75、プロパンジオール、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、PEG-150、(エイコサン二酸/テトラデカン二酸)ポリグリセリル-10、アクリル酸Naグラフトデンプン、酸化チタン、カルボマー、ベントナイト、水酸化K、フェノキシエタノール、メチルパラベン
今回のオルビスユー製品には、ヤグルマギク花エキス・モモ葉エキス・アマモエキスが配合されていて、これら3つが[キーポリンブースター]といって、肌全層を行き来する水分循環の活性を促す成分のようです。

保湿液で、しっかり潤いを閉じ込めてケア終了!テクスチャーは、ぷるんとしたスフレ触感です。たくさん塗りすぎると、もったりとした感じになるので、好みに合わせて適量の使用がオススメ。

オルビスユー モイスト.jpg


まだまだ乾燥が気になる季節です。乾燥肌のケアのヒトツに、実績のあるオルビスユーも一度試してみてください♪

公式オンラインショップから通販限定トライアルセットを→オルビスユー


公式オンラインショップからだと、洗顔・化粧水・保湿液の3ステップ1週間トライアルで¥1,000(税込み・送料無料)のキャンペーンがあります。

オルビスユー 限定セット.jpg